一般財団法人山鼻記念碑保存資産は、山鼻兵村開設20周年を記念し明治27年に建立された「山鼻兵村開設碑」を維持保存するとともに、山鼻屯田開拓の偉業を讃え後世に伝えることを目的に大正元年9月に設立(許可)されました。以来毎年、山鼻屯田兵並びにその家族の子孫を中心に記念式典を執り行う一方、記念誌の発行などをして子孫の結束を図っております。また昭和63年に山鼻屯田記念会館を建設、散逸していた様々な資料を集めた「資料室」を開設し、一般の方々へも山鼻屯田の歴史を広く公開しております。

屯田兵舎の町並み
屯田兵の入植時にはそれぞれ150坪の宅地と地続きの1.500坪が給与されたが、これに加えて兵村の近隣地区に3.500坪の耕地が与えられ、その後5,000坪、更に後年5,000坪と、合計15,000坪の土地 か給与された。
山鼻兵村記念碑

山鼻公園に建立されている「山鼻兵村開設碑」。この碑は、兵村開設20周年を記念して明治27年に建てられた。碑は札幌軟石を積み上げ、題字は時の屯田兵司令官永山武四郎の筆によるもの。裏面には屯田兵が営農に励んだ様子のあらましが語られている。

​屯田兵の像

写真は「山鼻屯田兵の像」で、かつての屯田兵の霊が眠っていた山鼻墓地の移転跡に建立されている。

お問い合わせ

北海道札幌市中央区南14条西9丁目2-13 山鼻屯田記念会館

TEL: 011-512-5020   Fax  011-512-5021

yamahanakinenhi@pony.ocn.ne.jp

開館日 : 毎週火曜日・木曜日(10:00〜12:00)、土曜日・日曜日(10:00〜15:00)